貴重な野鳥にさっさと出会えた神秘と記載に残せなかった少しの悔恨

以前カワセミを目撃するという貴重な実例ができました。生息しているという話は前々から聞いてはいたのですが、パートナーは野鳥ですので何時起こるのかわかりません。
この辺に生息しているといういわれている範囲へ行ってはいましたが、今まで遭遇することは一度もなかったです。
薄々散歩しながら池の方を眺めているとキッカケはふらっと訪れました。池の中にある石の上に川蝉が長いくちばしと青い羽を通じて止まっていたのです。すぐに携帯を取り出してフォトを撮ろうと思ったのも心持ち、さっそうと飛び去ってしまったのです。
カメラに収める事はできませんでしたがわたしは見たぞという考えをしたく、その理由を記したかったのですが、無論野生の生き物は人間の調達なんて聞いて受け取るわけありません。
エサをを求めて佇んでいたのかもしれませんが、一層念願を出すと小魚をダイブして捕まえる辺り、小魚をくわえて要る辺りを見てみたいのですが、こんな瞬間には何となく巡り会えるものではないだ。
川蝉は色合いもエレガントですがその容貌だけでも心から綺麗な容貌で、初めてその容貌を確かめる事ができてやけに感動しました。飛び去って行く容貌も、青色がスーッって遠ざかって出向く感じで素晴らしかっただ。そのうちにまた続開して今度こそはフォトに撮れることを願っている。http://www.garrett-asay.net/